はじめに

突然の雨漏りが発生したときに、何とかしたいと思っても、応急処置の方法や手順などを知らなければ中々できないものです。しかし、だからといって雨漏りを放置しておくと住宅を劣化させる原因にもなりかねません。そこで当サイトでは、雨漏りが発生しても対応できるように、応急処置や防水工事の基礎知識をまとめてみました。

雨漏りが発生する原因と対処法とは?住宅をのためにできること

工事

そもそも雨漏りの原因は?

そもそも何故、雨漏りが発生するのかをご存知でしょうか。雨漏りの原因には様々なものがあり、その中でも経年劣化や自然災害でのダメージ蓄積、施工不良などが代表的な原因でしょう。特に、経年劣化での雨漏りは住宅にガタがきているという可能性が高いです。その場合には雨漏り対策だけでなく、防水工事も同時に依頼した方がいいでしょう。

雨漏りトラブルは専門業者へ

雨漏りトラブルがご自宅で確認できた場合には、専門業者へ依頼することをオススメします。専門業者では雨漏り修理・補修だけでなく、防水工事にも幅広く対応しています。しかも、専門業者というだけあり、価格もリーズナブルで施工自体も早めに終わります。そのため、雨漏り修理・補修がご自宅に必要なら、専門業者に依頼するべきなのです。

業者は選んで決める

雨漏り修理・補修もしくは防水工事を依頼する際には、業界の選び方について考えておきましょう。雨漏りトラブルに対応してくれる専門業者は今や全国各地に存在しています。その中でも、優良な業者を選ぶのは至極難しいと言えます。まずはネットを確認し、口コミや評判などから優良な業者を見極めましょう。また、工事実績の豊富さをチェックしておくことも大切です。

[PR]
雨漏りの悩みをすぐに解消☆
プロが親身に作業してくれる

防水工事で人気の工法を徹底比較!

frp防水工法のメリット

frp防水工法はガラス繊維強化プラスチックを利用した工法で、軽量ながら強靭で耐久性が高いということが最大のメリットです。また、下地への密着性が強いので、防水性にも優れており、下地の膨張・圧縮などのリスクも他の防水工法よりも低いです。

アスファルト防水工法のメリット

アスファルト防水工法では道路に利用されているようなアスファルトは使用せず、ゴムのように柔らかいシートを使用します。アスファルト防水工法のメリットとしては、防水性能が確保しやすく、低コストで工事ができるという点が挙げられます。

耐用年数をチェック!

いずれの防水工事にしても耐用年数があり、シートの状態が悪くなれば、再び防水工事を依頼する必要があります。防水工事をそう何度も依頼したくないというのであれば、耐用年数が長い工法を選ぶことをオススメします。

雨漏りで役立つグッズ3選

no.1

ブルーシート

雨漏り対策で最も役立つグッズがブルーシートになります。ブルーシートなら雨漏りの原因となっている箇所に設置することで、一時的に雨水の侵入を防ぐことが可能です。広範囲で雨漏りの応急処置ができるので、どのご家庭にもオススメできます。

no.2

防水テープ

雨漏りの箇所が具体的に確認できた場合、防水テープが役に立ちます。防水テープなら小さい範囲に貼るだけでも雨漏りの応急処置を行なうことができます。防水テープを利用する際には隙間なくピッタリ貼り付けるように心掛けましょう。

no.3

コーキング剤

コーキング剤は防水性、機密性に優れており、雨漏り箇所にコーティングすることで外部からの水の侵入を防ぐことがことができます。しかし、その一方で施工するには技術と経験が必要で、一般家庭にて使いこなすのは困難とも言われています。

[PR]
雨漏りトラブルをすぐに解決☆

広告募集中